20211202A


自己紹介い


こんにちは、朝顔600です(`・ω・´)

こちらの回は昔友達だった子の話
30話くらいでつらつら綴っていきます。

自分の体験談で正直後味はよくないので、
それでもいいよって方
お付き合いよろしくお願いします。

今までのお話はコチラから。

【1】 【2】 【3】 【4】 

【5】 【6】 【7】


20211201E


ここから本編です。
20211202B


20211202C


20211202D

グループを抜けるって、難しい。

気が弱いと、なおさら。


「私ここ抜けまーっす!!
さよならー!!!!」

って言える勇気が欲しかった。

こういうのが毎日。

咲はいつも笑顔で話しかけてくれた。
輪に入れようとしてくれた。

友達でいようとしてくれてるのかなって
この時は思ってた。

でもさ、結局2人でどこかに
消えてしまうんだよね。


咲もA子が私をグループから外したがってる
ことに気付いてたはず。


それに応えるように
A子と一緒に早歩きでどこかへ行ってしまう。

それなのに私を毎回
輪に入れようとするのは何故?


言ってることが矛盾してるけど、
仲間外れをする為に輪に入れてた
感じかな。

二人の友情を確かめ合う
的な(゜_゜)?

この時は、あからさまなA子にばかり
注意が向いてたんだけど

咲にも不信感が芽生えていたことに
気付くのは、もう少し後のこと。

「A子めっちゃ棒読みじゃ~ん!」
と言って笑ってたのも、
ずっと自分の中で引っかかってた。

次に続く。


よく読まれてる連載はコチラ

リンク3

リンク4

リンク2

リンク5

リンク1

リンク6




読者登録


二つのランキングに参加中です🎵
足跡代わりに押してってねーーー(*‘ω‘ *)
にほんブログ村 子育てブログへ


育児ランキング